読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

103-B「久留米/杷木」

20070910福岡県うきは市にて撮影(201208消滅確認)

f:id:zaicchan:20070910102400j:plain

◯白看の種類:103-B「久留米28km/杷木4km」(オーバーハング式・テーパーポール吊り下げ・2点支持)

 

◯設置されている道路: 旧国道210号線(現福岡県道106号朝田日田線)×福岡県道52号八女香春線

 

◯概要: この白看も「昔の自分を悔やむ」物件。いつか再撮影すればいいや(実家からも近いし…)と思っていたら、いつの間にか撤去されていた。これを撮影した2007年当時の自分は、まだそれほど白看に執着していなかったため、写真も上掲の1枚しか撮っていない。くそ…

後悔の念を連ねても仕方がないので、この白看の考察へ。何と言っても特徴は白看らしい(?)“誤記”。下段の地名「杷木」は「はき」と読むが、アルファベット表記が「HAGI」になっている。改めて調べてみると、明治22年4月の村制以降、読みは「はき」のようです。

白看のアルファベットには誤記されてるものがいくつか見られるが、当時はそれほど誰もがアルファベットの表記を出来るということなのか。 また杷木の「杷」の字の木偏も特徴的なタイポグラフィーだ。

 

◯考察: ポイントはこの白看が210号線の旧道に設置されてある、というところ。 現在の「浮羽庁舎前」交差点から日田側の浮羽町山北(出光のガソリンスタンドがあるところ)までは、現道よりも幾分か南を旧道は走っている。少なくとも新道への切り替え以前に白看は設置されているはず。

また国道210号は1953(昭和28)年5月に二級国道210号久留米別府線として指定され、1965(昭和40)年4月に一般国道210号線となっている。

それでは、国土変遷アーカイブで新道切り替えの時期を探ってみよう。

  ・1976(昭和51)年9月(交差道路の様子は現在とほとんど変わらない)  

f:id:zaicchan:20130912083939p:plain

 ・1967(昭和42)年4月(上記写真の10年ほど前。交差道路の様子はほとんど変化がない)

f:id:zaicchan:20120813220843j:plain

 ・1965(昭和40)年6月(一般国道になった頃。2年後の写真と比べると新道の沿道に家屋などがあまり見られない。写真の画質が悪いが、やけに新道が白っぽいのは工事中だからかもしれない。) 

f:id:zaicchan:20120813220811j:plain

 ・1962年(昭和38)11月(新道は存在しない) 

f:id:zaicchan:20130912084014p:plain

 というわけで、この白看が設置されたのは国道制定後の1953(昭和28)年から新道開通前の1965(昭和40)年頃の間と推測される。

 

◯場所はこちら