読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

105「緑川ダム」

20100403/20140914熊本県美里町にて撮影

f:id:zaicchan:20140916150637p:plain

f:id:zaicchan:20140914161520j:plain

◯白看の種類:105「緑川ダム」(単柱式)

 

◯白看が設置されている道路:美里町道(国道218号線旧道)

 

◯概要:熊本県美里町の山中に残る単柱式の105。表示が「ダム」の白看はいくつかあり、今でも残っているのは105「佐久間ダム」(静岡県)、103-C「永瀬ダム」(高知県)、104「二川ダム/箕島」「二川ダム/高野山」(和歌山県)などがある。設置されているのは美里町総合運動公園や花定野集落との分岐点。おそらくどちらのルートを通っても緑川ダムには行けそうだが、古い地形図や空中写真を見ると手前の道路が旧国道のである。なお、旧国道と緑川ダムへの分岐はここから300mほど北側にある。

表示されている「緑川ダム」は1968(昭和43)年着工、1971(昭和46)年3月に完成した緑川の洪水調節・灌漑・発電用に設置された重力式コンクリートダム。黒四などの大型土木施設が観光地だった時代、同様に緑川ダムの観光開発を狙って設置されたものなのだろうか。

f:id:zaicchan:20140914161544j:plain

f:id:zaicchan:20140914161856j:plain

裏面は補強鋼なしの一枚鉄板もの。円形の支柱の中央部に小さな金具で取り付けられていることがわかる。しかし、ダムの完成時期は既に白看末期であり、このようなシンプルな形式で設置されることは少し考えにくい。完成に先立って、工事事務所が設置された1966(昭和41)年頃の設置ではないかと推測される。

 

ストリートビュー

地理院地図

◯場所はこちら


より大きな地図で 白看マップ を表示