読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

103-B「福岡/久留米」

20091230 福岡県八女市にて撮影
2010-2011に撤去

f:id:zaicchan:20091230152344j:plain

f:id:zaicchan:20091230152455j:plain

◯白看の種類:103-B「福岡→53Km/久留米→13Km」(複柱式)

 

◯白看が設置されている道路:八女市都市計画道路荷稲五丁野線(国道3号線旧道)×八女市道×八女市

 

◯概要:これまで福岡県八女市土橋交差点にある白看を紹介してきたが、その交差点から南に200mほど離れた交差点に103-Bが残っていた。白看が設置されているのはかつての国道3号線の旧道にあたるのだが、この交差点(無名交差点だ)で南東方向から北へ60度曲がっている。この白看は通過車両が適切に交差点を曲がれるように設置されたのだろう。ちなみに逆方向の白看は存在しないが、往時は「熊本/玉名」と書かれた103-Bがあったのかもしれない。

標識板の距離表示の部分が大きく折れ曲がっているのが特徴だが、交差点の中でも設置されている位置がいささか妙である。車道の正面向きではなく、横断歩道の正面向きに立っている。通行車両からはかなり見にくいはずだが後年、位置を動かしたのだろうか。

この八女市の一連の記事を調べていてわかったが、白看が撤去されたのはおそらく、このページにある「まちづくり交付金 都市再生整備計画(八女福島地区)」によるものだろう。この基幹事業に市道荷稲五丁野線の整備と街灯設置が盛り込まれてある。なお、事業計画の期間は平成19(2007)年〜平成23(2011)年までとあり、白看を撮影した時もそのまっただ中であったようだ。

ストリートビューを見ると周囲の様子はほとんど変わっていないようだ。「月極駐車場」の支柱のために複柱式の支柱が切断されて残っている。 

◯場所はこちら


より大きな地図で 白看マップ を表示